久米邦武歴史著作集  第2巻 (日本古代中世史の研究)

大久保利謙 ほか編纂

本巻には「日本古代歴史の研究」を巻頭に配して、久米の『古事記』『日本書紀』にみえる伝承解釈の特徴をしめそうとした。あわせて神篭石論、道鏡・玄〓@51C0などの古代人物に関する諸論文、および南北朝問題にかかわる中世史の諸論考を収録。なかでも伴大納言善男論や将門・純友の乱の論説、ならびに南北朝論は、久米史学の特色をみるのに必見のものであろう。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 日本古代の歴史(倭韓共に日本神国なるを論ず
  • 住吉社は委奴国の祖神
  • 神功皇后と漢の呂后 ほか)
  • 第2編 古代の人物と史的背景(女傑橘三千代
  • 僧玄〓@51C0
  • 僧道鏡
  • 怪傑伴大納言善男
  • 将門純友の乱 ほか)
  • 第3編 日本中世史の諸問題(九州探題
  • 長慶天皇につきて妄を弁ず
  • 楠木正儀北朝降伏 ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 久米邦武歴史著作集
著作者等 久米 邦武
書名ヨミ クメ クニタケ レキシ チョサクシュウ
書名別名 日本古代中世史の研究

Kume kunitake rekishi chosakushu
巻冊次 第2巻 (日本古代中世史の研究)
出版元 吉川弘文館
刊行年月 1989.12
ページ数 364, 20p
大きさ 22cm
ISBN 4642012737
NCID BN04150113
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
90014135
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想