基本音楽史

千蔵八郎 等著

[目次]

  • 目次
  • 第1章 古代の音楽 / p9
  • 1. 古代世界と音楽 / p9
  • 2. ギリシアの音楽 / p12
  • 第2章 初期キリスト教音楽 / p22
  • 3. ローマの音楽 / p22
  • 4. キリスト教の成立 / p25
  • 5. 初期キリスト教音楽 / p29
  • 第3章 グレゴリウス聖歌 / p34
  • 6. グレゴリウス聖歌の成立 / p34
  • 7. ポリフォニーの発生 / p39
  • 第4章 世俗音楽の興隆 / p44
  • 8. 中世封建社会と民衆の音楽 / p44
  • 9. 世俗音楽の台頭 / p46
  • 第5章 中世の音楽理論 / p51
  • 10. 記譜法の変遷 / p51
  • 11. 教会旋法 / p57
  • 第6章 アルス・ノヴァ / p63
  • 12. アルス・アンティクヮ(古芸術) / p63
  • 13. アルス・ノヴァ(新芸術) / p65
  • 14. 14世紀のイタリア音楽 / p68
  • 第7章 ネーデルランド楽派 / p72
  • 15. 概説 / p72
  • 16. 15世紀前半の音楽 / p78
  • 17. フランドル楽派 / p81
  • 第8章 16世紀の音楽 / p86
  • 18. 近代西欧文化の形成 / p86
  • 19. 16世紀の諸楽派 / p90
  • 20. 16世紀の世俗的歌曲 / p93
  • 21. 宗教改革の音楽 / p95
  • 22. 16世紀末までの器楽 / p98
  • 第9章 バロック音楽1 / p102
  • 23. 概説 / p102
  • 24. 劇音楽の発生とその発達 / p106
  • 第10章 バロック音楽2 / p115
  • 25. バロック時代の器楽 / p115
  • 26. バッハとヘンデル / p120
  • 第11章 古典派の音楽 / p127
  • 27. バロックから古典派へ / p127
  • 28. ハイドンとモーツァルト / p135
  • 第12章 ロマン派の音楽1 / p145
  • 29. ベートーヴェン / p145
  • 30. 古典主義とロマン主義 / p149
  • 31. 19世紀前半の音楽事情 / p155
  • 第13章 ロマン派の音楽2 / p164
  • 32. 盛期ロマン主義 / p164
  • 33. 19世紀後半の歌劇 / p173
  • 第14章 近代・現代の音楽1 / p180
  • 34. 国民主義の音楽 / p180
  • 35. 国民主義時代の音楽界 / p187
  • 第15章 近代・現代の音楽2 / p193
  • 36. 20世紀音楽の背景 / p193
  • 37. 20世紀音楽の推移 / p197

「国立国会図書館デジタルコレクション」より

この本の情報

書名 基本音楽史
著作者等 千蔵 八郎
書名ヨミ キホン オンガクシ
出版元 音楽之友社
刊行年月 1968
ページ数 222p
大きさ 22cm
ISBN 4276110017
NCID BN04149282
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
68003154
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想