誤報・虚報の戦後史 : 大新聞のウソ

山下恭弘 著

新聞は事実を伝えている、と思っている人は多い。否、読者のほとんどがそう思っている、といってよいだろう。新聞社も真実の報道を標榜し、新聞記者はそのために努力している。しかし、ここに書いたように、どの新聞も誤報が実に多い。では、新聞はどのように読めばいいのか。まず、疑いを持って読むことだ。そして、一ヵ月でいいから、2紙併読されると良い。丁寧に読む必要はない。気になる記事だけ読み比べても、多くの"矛盾""誤報"に気付かれるはずである。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 虚報
  • 2 予定稿
  • 3 歪報
  • 4 過大誤報
  • 5 単純誤報
  • 6 客観誤報
  • 7 その他の誤報

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 誤報・虚報の戦後史 : 大新聞のウソ
著作者等 山下 恭弘
書名ヨミ ゴホウ キョホウ ノ センゴシ
書名別名 Goho kyoho no sengoshi
シリーズ名 ライトブックス・おもしろ情報百科
出版元 東京法経学院
刊行年月 1987.4
ページ数 213p
大きさ 18cm
ISBN 4808944278
NCID BN04147367
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
87056651
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想