近代化の理論

マイロン・ウィーナ 編著 ; 上林良一, 竹前栄治 訳

[目次]

  • 序文 / p1
  • 日本語版への序文 / p3
  • 序論 / p2
  • 第一部 近代化の展望と条件
  • 第一章 近代生活の状況変化 C・E・ブラック / p16
  • 第二章 近代化への推進力 D・C・マックレランド / p26
  • 第三章 近代化の将来 R・C・ウッド / p40
  • 第二部 社会・文化の近代化
  • 第四章 宗教の近代化 M・シンガ- / p54
  • 第五章 教育の近代化 C・A・アンダーソン / p66
  • 第六章 近代化と高等教育 E・シルス / p80
  • 第七章 コミュニケーションと発展 I・ドゥ・ソラ・プール / p96
  • 第八章 社会関係の近代化 N・J・スメルサー / p110
  • 第九章 都市と近代化 N・ギンズバーグ / p122
  • 第十章 人間の近代化 A・インケルス / p137
  • 第三部 政治・行政の近代化
  • 第十一章 法の近代化 M・ギャランター / p149
  • 第十二章 行政における近代化 R・プライバンティ / p161
  • 第十三章 国民的統合 H・リジンス / p176
  • 第十四章 イデオロギーと政治的発展 L・バインダー / p187
  • 第十五章 政治参加と政治的発展 M・ウィーナー / p201
  • 第十六章 分配と発展 J・ラパロンバラ / p214
  • 第四部 経済の近代化
  • 第十七章 テクノロジーの近代化 S・H・ヴェリシュ / p226
  • 第十八章 企業家の近代化 A・ゲルシェンタロン / p240
  • 第十九章 農業の近代化 C・Rワートン / p252
  • 第二十章 産業の近代化 P・N・ローゼンシュタイン=ロダン / p265
  • 第二十一章 労働力の近代化 R・D・ランバート / p277
  • 第二十二章 経済発展における国家の役割 E・ステーリー / p290
  • 第二十三章 経済発展における公平分配と生産性 M・F・ミリカン / p303
  • 第二十四章 近代化の崩壊 J・J・シュペングラー / p315
  • 第五部 結論
  • 第二十五章 国際的格差 L・W・パイ / p327
  • 著者紹介 / p339
  • 訳者あとがき / p343
  • 参考文献 / (巻末)

「国立国会図書館デジタルコレクション」より

この本の情報

書名 近代化の理論
著作者等 Weiner, Myron
上林 良一
竹前 栄治
マイロン・ウィーナ
書名ヨミ キンダイカ ノ リロン
書名別名 Kindaika no riron
出版元 法政大学出版局
刊行年月 1968
ページ数 347, 27p
大きさ 21cm
NCID BN0414496X
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
68005718
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 英語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想