ソビエトとロシア

森本良男 著

陽気かつ沈鬱、奔放かつ禁欲的なロシア人が、社会主義革命の後に得た強制の装置ソビエト。広大で苛酷な自然に育まれたロシア人は極端な二面性向のゆえに長い停滞と激烈な変革の歴史を築いてきた。チャーチルをして「謎の謎」と言わしめて民族の心性をさぐる。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • ムジークとプロレタリア-ロシア的気質と行動原理
  • 血塗られた権力-国家支配の歴史と原理
  • 戦争と膨張-ロシアはいかにして超大国になったのか
  • よみがえる神々-ロシア正教と共産主義
  • ロシアは東か西か-インテリゲンツィアの系譜
  • 裏切られた革命-なぜスターリン独裁が生まれたのか
  • ソ連がロシアでなくなる日-ペレストロイカの実験

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 ソビエトとロシア
著作者等 森本 良男
書名ヨミ ソビエト ト ロシア
シリーズ名 講談社現代新書
出版元 講談社
刊行年月 1989.12
ページ数 212p
大きさ 18cm
ISBN 4061489798
NCID BN04144063
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
90017656
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想