ヘルダリン : 病跡学的考察

W.ランゲ=アイヒバウム 著 ; 西丸四方 訳

思想革命の父であり、ドイツロマン派を代表する詩人の純粋性と悲劇性。本書は作品・生活史・筆蹟・遺伝負荷などの分析により詩人の悲劇性の深い理解に迫る。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • ヘルダリンの外面的な経歴
  • 人柄(精神の健康と精神病質
  • ヘルダリンの精神病質)
  • 精神病が始まった(緊張病
  • ヘルダリンの精神病の兆し)
  • 精神病がはっきりした(人柄と作品
  • 筆跡と病気
  • 元来のヘルダリンと精神病のヘルダリン)
  • ヘルダリンの精神病の原因と本体(ヘルダリンの病気についての諸見解
  • ヘルダリンの家系)
  • 精神異常者の価値と作用
  • まとめ

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 ヘルダリン : 病跡学的考察
著作者等 Lange, Wilhelm
Lange-Eichbaum, Wilhelm
西丸 四方
ランゲ・アイヒバウム W.
書名ヨミ ヘルダリン
書名別名 Hölderlin
出版元 みすず書房
刊行年月 1989.12
ページ数 451p
大きさ 20cm
ISBN 4622045389
NCID BN04126709
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
90016137
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 ドイツ語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想