出合い

大饗茂 著

"化学の異邦人"という言葉がぴったりの著者が綴る人と学問との出合い。科学者の社会的責任論を切実な生き方の問題として考える。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 出合い(錬金術のころ
  • 試練の時代
  • 新生期
  • 嵐の時代
  • 旅の時代
  • 波涛を越えて)
  • 2 科学と社会(人類社会における科学のインパクト
  • 独創的発想-情報の嵐の中で
  • 日本の有機化学工業における研究開発の必然性)
  • 3 化学教育考(化学教育の進め方-基礎教育と専門教育
  • 化学にマス教育ができるのだろうか
  • ポリテックスと研究・教育のかかわり
  • 研究の体制と見識
  • 研究費について
  • 中国の化学-なぜ科学という抽象概念が生れ育たなかったのだろう)
  • 4 化学とその仲間たち(師弟関係
  • 化学者と国境
  • 生命の神秘と化学-そして宗教)
  • 5 忙中閑あり-趣味を楽しむ(焼き物
  • 化学と音楽
  • 化学と香り)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 出合い
著作者等 大饗 茂
書名ヨミ デアイ
書名別名 一有機化学者の軌跡

Deai
出版元 化学同人
刊行年月 1989.11
ページ数 249p
大きさ 19cm
ISBN 4759801758
NCID BN04124135
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
91002926
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想