ブリアーサヴァラン「美味礼讃」を読む

辻静雄 著

美味学の古典に拠りながら、極まってゆくフランス料理の味覚の洗練とその背景を縦横に論ずる。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1講 ブリヤ=サヴァランと『味覚の生理学』
  • 第2講 食べ物と新しい歴史学
  • 第3講 「おいしさ」とその表現
  • 第4講 ワイン事情
  • 第5講 ガストロノミーとガストロノームの系譜

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 ブリアーサヴァラン「美味礼讃」を読む
著作者等 辻 静雄
書名ヨミ ブリア サヴァラン ビミ ライサン オ ヨム
書名別名 Buria savaran bimi raisan o yomu
シリーズ名 岩波セミナーブックス 32
出版元 岩波書店
刊行年月 1989.12
ページ数 299, 33p
大きさ 19cm
ISBN 4000042025
NCID BN04115112
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
90018041
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想