粘着剤活用ノート : 材料選択の指針

伊保内賢 ほか編著

粘着剤は、セロハンの粘着テープが市販されて以来、紙、ポリ塩化ビニールテープなどの基材に塗られて、種々の用途に使われてきた。最近では、その生産量も急速に拡大し、民生用だけでなく、工業用、医用など新しい応用分野が開拓されている。本書は、このような粘着剤および関連基材、製品を分類し、製造法、種類、特徴,応用例,メーカー名を箇条書または表として簡潔にまとめた。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 粘着製品とその応用
  • 粘着剤の形態別による分類(溶剤型粘着剤
  • 無溶剤型粘着剤)
  • データ編(溶剤型粘着剤
  • 無溶剤型粘着剤
  • 粘着付与剤
  • 副資材
  • 表面基材
  • はく離材
  • 粘着製品)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 粘着剤活用ノート : 材料選択の指針
著作者等 伊保内 賢
北崎 寧昭
小松 公栄
書名ヨミ ネンチャクザイ カツヨウ ノート
書名別名 Nenchakuzai katsuyo noto
シリーズ名 K books series 70
出版元 工業調査会
刊行年月 1989.8
ページ数 190p
大きさ 19cm
ISBN 4769360711
NCID BN04114823
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
90000627
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想