永遠のセラティ : 自然流ランニング哲学

山西哲郎, 高部雨市 共著

動物から感じ、動物のように走り、自然をそのまま食べることを説いた。自然流ランニング哲学者、パーシー・セラティ。彼が亡くなって15年。ランニングを思想面からとらえた日本で最初の本。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 永遠のランニング編(銃口の前のかもしか
  • 見る前に跳べ
  • ポートシーへの道
  • オーストラリアのポートシーで ほか)
  • 自然流ランニング哲学編(ランニングという生き方
  • 時計の論理
  • 風と水のリズム
  • 偽りの自然 ほか)
  • セラティのトレーニング哲学編(トレーニングの歴史
  • セラティのトレーニング哲学
  • セラティのトレーニング方式)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 永遠のセラティ : 自然流ランニング哲学
著作者等 山西 哲郎
高部 雨市
書名ヨミ エイエン ノ セラティ
シリーズ名 ランナーズ・ブックス
出版元 ランナーズ
刊行年月 1989.7
ページ数 207p
大きさ 19cm
ISBN 4947537280
NCID BN04113820
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
90040333
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想