甲乙丙丁  上

中野重治 著

64年春、日本統計資料社に勤める津田貞一に、出勤停止、アカハタ配布停止がもたらされる。貞一と、30年代からの交流のある、もう一人の主人公、党中央委員、田中榊は、嘗て参議院議員でもあり、作家でもある。合法、非合法、半合法、戦前・戦中・戦後を、時代の良心として、精一杯生きぬいた中野重治が、党および人との諸問題を、良心の底をもつき貫いて語った巨大な文学的記念碑。良心の底を自ら抉る著者の野間文芸賞受賞の大作。

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 甲乙丙丁
著作者等 中野 重治
書名ヨミ コウ オツ ヘイ テイ
書名別名 Ko otsu hei tei
巻冊次
出版元 講談社
刊行年月 1969
ページ数 603p
大きさ 20cm
ISBN 4061961233
NCID BN04113795
BN06197162
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
75005146
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想