五代宋初の通貨問題

宮崎市定 著

[目次]

  • 標題
  • 目次
  • 第一章 緖言 / 1
  • 第二章 五代の通貨問題 / 8
  • 第一節 唐代通貨の一幣 / 8
  • 第二節 五代中原の通貨(附 前蜀・燕) / 13
  • 第三節 南唐の通貨 / 36
  • 第四節 呉越・閩・楚・南漢・後蜀の通貨 / 50
  • 第一項 呉越の通貨 / 50
  • 第二項 閩の通貨 / 52
  • 第三項 楚の通貨 / 55
  • 第四項 南漢の通貨 / 59
  • 第五項 後蜀の通貨 / 61
  • 第五節 鉛鐵錢出現の經濟史的意義 / 64
  • 第六節 中原が銅錢本位を維持せし理由 / 70
  • 第三章 五代の國家間貿易と國家間通貨 / 83
  • 第一節 五代國家間通交の槪況 / 83
  • 第二節 茶商の活躍 / 90
  • 第三節 鉛鐵錢出現と國家間貿易 / 93
  • 第四節 高品位代用通貨としての金銀絹帛 / 96
  • 第五節 國家間通貨としての金銀絹帛 / 106
  • 第六節 鉛鐵錢と金銀との關聯 / 113
  • 第四章 宋の太宗眞宗朝の通貨統一策 / 118
  • 第一節 江以南に於ける銅錢普及策 / 121
  • 第一項 樊若水の鐵錢整理 / 121
  • 第二項 張齊賢の銅錢增鑄 / 127
  • 第三項 江以南各地の通貨整理 / 131
  • 第四項 馬亮等の錢監增設 / 137
  • 第五項 江以南銅錢化の成功 / 131
  • 第二節 蜀に對する銅錢普及策 / 152
  • 第一項 太祖の對蜀地通貨政策 / 152
  • 第二項 太宗の蜀地銅錢化十年計畫 / 156
  • 第三項 銅錢化政策失敗の理由 / 165
  • 第三節 銅錢と金銀との關聯 / 169
  • 第一項 太祖の金銀集中 / 170
  • 第二項 太宗の金銀流通策 / 184
  • 第三項 課利の收納と金銀 / 196
  • 第四項 金銀價格の變遷 / 214
  • 第五章 仁宗朝前後の通貨問題 / 241
  • 第一節 陝西・河東に於ける錢法の變遷 / 241
  • 第一項 國內の通貨不足と西夏の興起 / 241
  • 第二項 大銅錢・小鐵錢・大鐵錢の出現 / 250
  • 第三項 劣貨流通の影響 / 259
  • 第四項 諸種通貨の質量 / 269
  • 第五項 戰後の通貨整理策 / 278
  • 第六項 慶曆以後の鑄錢狀況 / 290
  • 第二節 蜀の錢法と銀・交子との關係 / 297
  • 第一項 蜀と內地との通貨關係 / 297
  • 第二項 銀價低落の鐵錢に對する影響(附 絹價) / 307
  • 第三項 銀價騰貴の鐵錢に對する影響 / 321
  • 第四項 鐵錢價値の下落と交子との關係 / 325
  • 第五項 交子の本質の變遷 / 337
  • 第六項 宋の財政と交子 / 342
  • 第三節 宋初の財政上に於ける銀 / 350
  • 第六章 結語 / 359
  • 附表 / 卷末

「国立国会図書館デジタルコレクション」より

この本の情報

書名 五代宋初の通貨問題
著作者等 宮崎 市定
書名ヨミ ゴダイ ソウショ ノ ツウカ モンダイ
出版元 星野書店
刊行年月 1943
ページ数 364p
大きさ 22cm
NCID BN04107704
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
54011476
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想