書道

西川寧 編

[目次]

  • 目次
  • 書道のしるべ / p1
  • わたしたちをとりまく書
  • 芸術としての書
  • 二つの立場
  • 書を見る目
  • 漢字のおい立ち / p15
  • 漢字はたれが作ったか
  • 文字の起原は絵である
  • 複合字の歴史
  • 他文字の借用
  • かなの発生 / p42
  • をのこで・さう・をんなで
  • かたかんな
  • 書の芸術性
  • ギリシャ美術と書
  • 中国美術と書
  • 書の芸術性 / p70
  • エジプト象形文字の芸術性
  • エジプトの書の特性
  • 中国の書の独自性
  • 中国の書と日本の書
  • 平がなの文字美
  • 書と抽象絵画
  • 中国書道の展開 / p88
  • 古代の書とその遺品
  • 小篆と漢隸
  • 三国・両晋の書
  • 南北朝時代の書
  • 隋・唐時代の書
  • 宋・元時代の書
  • 明・清時代の書
  • 日本書道の流れ(上古--江戸) / p125
  • 海彼の本に非ず
  • 義之
  • 伝教大師と弘法大師
  • 今めかしうをかしげに
  • 貫之とかな
  • 静から動へ
  • 写経
  • 道の人・非家の人
  • 破格法外
  • 光悦をめぐって
  • 売据と唐様で書く三代目
  • 明治・大正期の書 / p164
  • 明治の初め
  • 古典主義運動と清末書派の伝来
  • 書壇外の能書家
  • 大正期へ
  • 流派の成立
  • 現代の夜あけ
  • 現代日本の書道I / p183
  • 黎明期
  • 三展の性格と活動
  • 学校の書道
  • 戦後の書道の団体
  • 今日の諸問題
  • 現代作家の諸問題
  • 現代日本の書道II / p214
  • 前衛書というもの
  • どうして発生し、どんなふうに動いてきたか
  • いろいろの傾向
  • 作品の見方
  • 書であるかないか
  • 作品と作者のことば
  • 書と絵 / p240
  • 古来の書画一致論
  • 近代の書画分離
  • 現代における書画の交錯
  • 書と工芸 / p260
  • 文字と意匠
  • 歌絵の意匠
  • あとがき / p270
  • 索引

「国立国会図書館デジタルコレクション」より

この本の情報

書名 書道
著作者等 西川 寧
書名ヨミ ショドウ
シリーズ名 毎日ライブラリー
出版元 毎日新聞社
刊行年月 1957
ページ数 274p 図版
大きさ 19cm
NCID BN04107318
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
57006033
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想