遺伝子スイッチ : 遺伝子制御とファージλ絵とき

Mark Ptashne 著 ; 安住和久, 瀬川規 共訳

遺伝子の転写をon,阻害をoffとすることで生まれた遺伝子スイッチ.本書は、この概念のもとに、ファージλが成長するためいかに遺伝子をコントロールしていくかを図解、2色刷で解説。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 遺伝子制御の主要素
  • 第2章 タンパク質-DNA相互作用と遺伝子制御
  • 第3章 制御回路-スイッチのセッティング
  • 第4章 どうしたらわかるか-鍵となる実験
  • 付録(効率的なDNA結合タンパク質の設計
  • 強い相互作用と弱い相互作用
  • 真核生物と原核生物における転写の制御-一般的なメカニズム)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 遺伝子スイッチ : 遺伝子制御とファージλ絵とき
著作者等 Ptashne, Mark
安住 和久
瀬川 規
書名ヨミ イデンシ スイッチ
書名別名 A genetic switch
出版元 オーム社
刊行年月 1989.11
ページ数 159p
大きさ 22cm
ISBN 427402167X
NCID BN04104320
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
90009559
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 英語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想