現代「資本論」論争

チェプレンコ・ア・ユ 著 ; 竹永進 [ほか]訳

『資本論』の読み直しをせまるペレストロイカからの率直な評価と真摯な問題提起。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1部 価値と剰余価値 マルクスの経済理論の基礎かそれとも「迂路」か(「転形問題」の解決ではなくマルクス主義の転形
  • 資本主義的搾取についての代替的諸概念)
  • 第2部 マルクス的弁証法かヘーゲル的論理学か-『資本論』の方法について(『資本論』における弁証法的方法の「歴史化」という命題
  • 弁証法の真の「縮減」と虚偽の「縮減」
  • 「純粋資本主義社会」とは何か)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 現代「資本論」論争
著作者等 Chepurenko, A. I︠U︡.
Chepurenko, Aleksandr IUl'evich
原 伸子
染谷 武彦
竹永 進
チェプレンコ ア・ユ
書名ヨミ ゲンダイ シホンロン ロンソウ
書名別名 Идейная борьба вокруг <Капитала> сегодня

イギリス・西ドイツ・日本

Gendai shihonron ronso
シリーズ名 資本論
出版元 大月書店
刊行年月 1989.12
ページ数 285p
大きさ 20cm
ISBN 4272110632
NCID BN04095988
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
90013059
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 ロシア語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想