マルクス遺稿物語

佐藤金三郎 著

マルクスの死後に遺された「資本論」第2,3巻の膨大な草稿-盟友エンゲルスは、その解読と編さんに全精力を傾け、ついて刊行を実現した。その遺稿をめぐり、マルクスの娘たち、カウツキー、ベルンシュタインらをまきこんで展開された、友情と恋と猜疑の交錯をするドラマ。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 序章-「資本論」の草稿を求めて
  • 死・遺産-マルクスの最後の指示
  • 蔵書・資本論-エンゲルスの見通しは甘かったが
  • 英語版・相談役-第3巻はなぜ遅れたか
  • サロン・離婚-深夜まで、飲んで歌って
  • 象形文字・誕生日-筋書きさえもなくて
  • ラブレター・ルイーゼ-エンゲルスの「変わらぬ愛」
  • 遺言書・タッシー-遺稿は誰の手に?
  • クリスマス・死-錯綜する不信と猜疑
  • 終章-「物語」その後(伊東光晴)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 マルクス遺稿物語
著作者等 伊東 光晴
佐藤 金三郎
書名ヨミ マルクス イコウ モノガタリ
書名別名 Marukusu iko monogatari
シリーズ名 資本論
岩波新書
出版元 岩波書店
刊行年月 1989.12
ページ数 210p
大きさ 18cm
ISBN 4004301009
NCID BN04094613
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
90019986
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想