中世の奇蹟と幻想

渡辺昌美 著

キリストの涙にふれる時、病は癒え、死者は蘇る。中世はまさに奇蹟の続発する時代であった。奇蹟はなぜ起こるのか。中世史研究の第一人者である著者が、聖者伝、奇蹟録から興味深い説話や妖異譚をとり上げて語りつつ、各地に叢生した霊場とそこをめざす巡礼の急増に民衆の信仰の実態を見出し、ヨーロッパ民衆の心性史に新しい光をあてる。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 不思議な物語
  • 僧坊の夜語り
  • 世々の伝え
  • さまざまの聖者たち
  • 生ける聖遺物

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 中世の奇蹟と幻想
著作者等 渡辺 昌美
書名ヨミ チュウセイ ノ キセキ ト ゲンソウ
書名別名 Chusei no kiseki to genso
シリーズ名 岩波新書
出版元 岩波書店
刊行年月 1989.12
ページ数 220p
大きさ 18cm
ISBN 4004300983
NCID BN04094522
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
90019859
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想