分析化学原理

織田経二 著

[目次]

  • 標題
  • 目次
  • 第一章 「イオン」敎規に基く分析化學上の原理 / 1p
  • 第一節 酸 / 1p
  • 第二節 鹽基 / 4p
  • 第三節 鹽 / 6p
  • 第四節 電解物及び「イオン」 / 8p
  • 第五節 酸鹽基及び鹽に關する理論 / 10p
  • 第六節 化學方程式 / 14p
  • 第七節 等價量及び濃度 / 17p
  • 第八節 イオン方程式 / 18p
  • 第九節 電離度 / 20p
  • 第十節 極めて僅か電離する物質の生成 / 22p
  • 第十一節 不溶解物の生成 / 25p
  • 第十二節 可逆反應 / 27p
  • 第十三節 質量作用の定律 / 30p
  • 第十四節 水の電離及び加水分解 / 34p
  • 第十五節 酸に依て鹽の分解 / 38p
  • 第十六節 電解物に質量作用の定律の應用 / 41p
  • 第十七節 鹽類の存在に於ける酸及び酸基の電離度の影響 / 44p
  • 第十八節 溶解積及び其の應用 / 46p
  • 第十九節 沈澱の溶解其の一 / 50p
  • 第二十節 沈澱の溶解其の二 / 54p
  • 第二十一節 沈澱の溶解其の三錯鹽の生成 / 57p
  • 第二十二節 酸化及び還元 / 60p
  • 第二章 化學分析操作に必要なる種種の原理 / 67p
  • 第一節 重量分析及び容量分析 / 67p
  • 第二節 濾過及び沈澱の洗滌に關する原理 / 71p
  • 第三節 結晶性沈澱粒の大さを憎大する事 / 76p
  • 第四節 膠質溶液及び膠質沈澱 / 80p
  • 第五節 物體の秤量に就て / 84p
  • 第六節 目盛フラスコに目盛を施す事 / 91p
  • 第七節 ビベットに目盛を施す事 / 102p
  • 第八節 規定液の調製 / 104p
  • 第九節 指示藥に關する理論及び其の應用 / 105p
  • 第三章 陽「イオン」の特有なる化學的反應
  • 第一節 銀屬「イオン」の反應 / 115p
  • 第二節 銅屬「イオン」の反應 / 121p
  • 第三節 錫屬「イオン」の反應 / 128p
  • 第四節 鐵屬「イオン」の反應 / 141p
  • 第五節 亞鉛屬「イオン」の反應 / 152p
  • 第六節 「カルシウム」屬「イオン」の反應 / 160p
  • 第七節 「アルカリ」金屬「イオン」の反應 / 163p
  • 第四章 陰「イオン」の特有なる化學的反應 / 167p
  • 第一節 第一屬陰「イオン」の反應 / 167p
  • 第二節 第二屬陰「イオン」の反應 / 170p
  • 第三節 第三屬陰「イオン」の反應 / 180p
  • 第四節 第四屬陰「イオン」の反應 / 190p
  • 第五節 第五屬陰「イオン」の反應 / 209p

「国立国会図書館デジタルコレクション」より

この本の情報

書名 分析化学原理
著作者等 織田 経二
織田 經二
書名ヨミ ブンセキ カガク ゲンリ
出版元 丸善
刊行年月 大正2
版表示 増補版
ページ数 216p
大きさ 22cm
NCID BN04090510
BN12211938
BN14854327
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
43002349
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想