小説の方法

伊藤整 著

日本人は小説のどこに感動するのか。小説の実質は何か。ヨーロッパ小説と日本の小説との違いはどこにあるのか-近代日本文学の性格を考えぬき、その光と陰を明らかにした名著。厳密な本文校訂を行ない、新しい読者のために懇切な「註」を付す。<付録>「逃亡奴隷と仮面紳士」。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 小説への疑問(序論として)
  • 2 理論と実作との距離
  • 3 内なる声と仮装
  • 4 環境と創作
  • 5 日本の場合
  • 6 放棄と調和
  • 7 自我の作用
  • 8 物語りの発想
  • 9 散文芸術の性格
  • 10 スタイルの発生
  • 11西洋の方法
  • 12 日本の方法
  • 13 附随的な推定群
  • 付録 逃亡奴隷と仮面紳士

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 小説の方法
著作者等 伊藤 整
曽根 博義
書名ヨミ ショウセツ ノ ホウホウ
シリーズ名 筑摩叢書 338
出版元 筑摩書房
刊行年月 1989.11
ページ数 278p
大きさ 19cm
ISBN 4480013385
NCID BN04085984
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
90015887
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想