労働法を学ぶ : 理論と実際の理解のために

外尾健一, 片岡昇 編

労働法は、きわめて実用性が高く、経済・社会の変化に敏感な法分野です。労働法の最新の理論と課題を、労働時間短縮の要請に応えた昭和62年労基法改正をも織り込み、わかりやすく解説した労働法入門の決定版です。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1部 労働法とは何か
  • 第2部 労働法の基礎知識
  • 第3部 労働法の個別的問題

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 労働法を学ぶ : 理論と実際の理解のために
著作者等 外尾 健一
片岡 昇
片岡 〓
書名ヨミ ロウドウホウ オ マナブ
書名別名 Rodoho o manabu
シリーズ名 有斐閣選書
出版元 有斐閣
刊行年月 1974
版表示 改訂版
ページ数 326, 6p
大きさ 19cm
ISBN 464118089X
NCID BN02308002
BN04080685
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
72006246
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想