旧約聖書の医学

ヴィルヘルム・エプシュタイン 著 ; 梶田昭 訳

古典的名著待望の訳本。従来「神の啓示」または「奇跡」とされていた律法が、合理的精神に基づく科学的根拠をもつものであること。不合理にみえるおきてや罰則が、旧約時代の社会風俗・習慣に顧みて明快な理由をもつこと。衛生学者、内科医で医学史の研究家であったエプシュタインが、これまでの模糊とした聖書解釈に医学的側面から光をあてて突破口をひらく。旧約の時代に生きた人びとの生活・衛生および病気について、聖書からの引用をもとに生き生きと描く。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 旧約聖書と外典の中の医学説、および関連する事項(生活条件の一般
  • 各年齢層の生活条件)
  • 旧約聖書とその外典の中の病気
  • 死、死刑、天災、エリヤの昇天、古代ヘブライ人の解剖・葬制

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 旧約聖書の医学
著作者等 Ebstein, Wilhelm
梶田 昭
エプシュタイン W.
書名ヨミ キュウヤク セイショ ノ イガク
書名別名 Die Medizin im Alten Testament
出版元 時空
刊行年月 1989.10
ページ数 226p
大きさ 22cm
ISBN 4882670038
NCID BN04070976
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
91001350
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 ドイツ語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想