松浦市史

松浦市史編纂委員会 編

[目次]

  • 松浦市史
  • 目次
  • 序 松浦市長 宮原一夫
  • 地理編
  • 第一章 序説 / 1
  • 沿革
  • 第二章 松浦市の自然 / 5
  • 一、位置 / 7
  • 二、地形 / 8
  • 三、海湾 / 9
  • 四、河川・志佐川 / 11
  • 五、面積 / 14
  • 六、地質 / 15
  • 七、地被 / 24
  • 八、気象 / 26
  • 歴史編
  • 第一章 松浦 / 33
  • 遺跡、遺物 / 40
  • 一、市名(市章) / 43
  • 二、鬼の岩屋の伝説 / 44
  • 三、火の国松浦 / 45
  • 四、海の人 / 48
  • 五、地名のおこり / 50
  • 第二章 景行社と淀姫 / 51
  • 一、淀姫命志佐へ / 54
  • 二、淀姫神社鎮座 / 58
  • 三、淀姫神社は各地に祭られている / 61
  • 四、淀姫新田 / 65
  • 三、大陸との交流により文化高まる / 66
  • 六、防人と松浦党 / 68
  • 第三章 みくりや / 71
  • 一、御厨牧 / 75
  • 二、姫神社 / 78
  • 三、松浦と藤原広嗣 / 81
  • 四、田平に弥勒寺創設 / 83
  • 五、不老権現 / 84
  • 第四章 松浦に火の雨降る / 87
  • 第五章 松浦と安倍宗任 / 91
  • 一、安倍宗任松浦へ来る / 95
  • 二、大岳古塁 / 97
  • 三、王島神社と頼時さま / 99
  • 四、宗任系図と松浦党 / 102
  • 五、志佐物語 / 106
  • 第六章 松浦と源氏 / 109
  • 一、松浦党の祖源久下向 / 114
  • 二、松浦党 / 120
  • 三、松浦丹後守系図 / 123
  • 四、志佐氏系図 / 133
  • 五、御厨氏系図 / 138
  • 六、今福松浦家 / 142
  • 七、梶谷城 / 145
  • 八、山寺城 / 147
  • 九、志佐城 / 149
  • 第七章 松浦党源平戦に活躍 / 153
  • 一、松浦党 / 157
  • 二、松浦党壇浦に戦う / 161
  • 三、刈萱城 / 167
  • 四、松浦党清等鎌倉に出府す / 172
  • 五、その頃の治政 / 174
  • 第八章 源久下向時代 / 181
  • 宗教・文化・政治
  • 第九章 元寇 / 187
  • 一、元日本征服の野望 / 191
  • 二、文永の役 / 193
  • 三、弘安の役 / 200
  • 四、松浦の戦闘 / 211
  • 五、論功行賞 / 221
  • 六、元寇恩賞累系 / 228
  • 第一〇章 海外貿易 / 235
  • 第一一章 南北朝と松浦 / 241
  • 一、九州探題北条英時亡ぶ / 243
  • 二、御厨彦次郎安恩賞を受くる / 246
  • 三、志佐左近将監有 京都、宇治に戦う / 248
  • 四、松浦丹子守正父子の誠忠 / 251
  • 五、後醍醐天皇に松浦、志佐、鬼八郎義心金石の如しと奏上される / 253
  • 六、志佐左近将監有、同修理亮小次郎定の事績 / 254
  • 七、壱岐瀬戸江原両村の事 / 255
  • 八、築後川戦 / 256
  • 九、御厨小次郎並事績 / 261
  • 一〇、官軍九州に振う / 264
  • 一一、懐良親王より安堵状を受く / 265
  • 第一二章 松浦党の同盟 / 267
  • 一、第一回御厨荘地頭同盟 / 272
  • 二、第一回松浦党同盟(第二回御厨荘地頭同盟) / 273
  • 三、第二回松浦党血判の事 / 276
  • 四、第三回全党同盟 / 278
  • 五、第三回御厨荘地頭同盟 / 280
  • 六、第四回御厨荘地頭規約 / 281
  • 七、地域同盟化と松浦党の特徴 / 282
  • 八、松浦のくらし / 283
  • 第一三章 海外進攻 / 289
  • 一、異国征伐の書上げ / 293
  • 二、歳遣船 / 300
  • 三、志佐氏と佛典 / 303
  • 第一四章 壱岐志佐領を離れる / 307
  • 第一五章 松浦内戦時代 / 315
  • 一、三栗野 / 320
  • 二、瀬戸越城・大智庵城築城 / 322
  • 三、大智庵城焼亡 / 323
  • 四、幸松丸平戸脱出し、飯盛城に據る / 324
  • 五、飯盛城戦 / 326
  • 六、御厨徳憤死 / 333
  • 七、平戸、田平紛争 / 335
  • 八、志佐家滅亡し城主峯系となる / 336
  • 九、志佐一乱 / 337
  • 一〇、桃野兵庫 / 338
  • 一一、神崎失陥 / 342
  • 一二、横辺田山崎大蛇退治 / 344
  • 一三、弱肉強食 / 346
  • 一四、松山田牟田合戦 / 349
  • 第一六章 今福、志佐、御厨衰亡 / 351
  • 一、松野尾安房守亡ぶ / 354
  • 二、志佐の乱 / 357
  • 三、志佐純量志佐城を追わる / 360
  • 四、川内野は志佐領を離れる / 369
  • 五、白浜源介御意討にあう / 372
  • 六、寺山団助御意討にあう / 373
  • 七、戦国時代 / 377
  • 第一七章 高麗従軍 / 379
  • 一、高麗軍御陣の事 / 382
  • 二、志佐源六郎源純高 / 384
  • 三、高麗出陣結果 / 388
  • 第一八章 関が原戦 / 391
  • 第一九章 徳川幕府時代 / 395
  • 一、徳川幕府 / 399
  • 二、平戸藩 / 401
  • 第二十章 明治時代 / 463
  • 一、明治時代の松浦 / 465
  • 二、町村と町村長 / 467
  • 第二十一章 松浦市誕生 / 475
  • その他 / 483
  • 参考文献 / 486
  • 松浦市史年表 / 487
  • あとがき

「国立国会図書館デジタルコレクション」より

この本の情報

書名 松浦市史
著作者等 松浦市教育委員会
松浦市史編纂委員会
書名ヨミ マツウラ シシ
出版元 松浦市教育委員会松浦市史編纂委員会 : 芸文堂
刊行年月 1975
ページ数 572p 図
大きさ 22cm
NCID BN04057402
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
73012470
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想