日本の食生活全集  46

日本の食生活全集 鹿児島編集委員会【編】

この本は、大正の終わりから昭和の初めころの鹿児島県の食生活を再現したものです。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 鹿児島市<商家>の食-老舗の食卓は、錦江湾の海の幸を満載
  • 南薩摩漁村の食-いも飯の味を引き立てる魚のかてもん
  • 北薩摩<農耕士族>の食-義士の忠誠心を讃えて食す「あわんなっと」
  • 霧島山麓の食-川内川上流の米どころ、あくでゆでるちまきの味
  • 大隅シラス台地の食-からいも、そまを植え、火山灰台地に生きる
  • 種子島の食-とっぴーの群れ飛ぶ、争いごとのない島
  • 庵美大島の食-難儀な仕事を支えるそてつ澱粉と豚肉料理
  • 人の一生と食べもの
  • 鹿児島の食とその背景
  • 鹿児島の食 資料

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 日本の食生活全集
著作者等 岡 正
日本の食生活全集鹿児島編集委員会
書名ヨミ ニホン ノ ショクセイカツ ゼンシュウ
書名別名 聞き書鹿児島の食事
巻冊次 46
出版元 農山漁村文化協会
刊行年月 1989.12
ページ数 357, 9p
大きさ 22cm
ISBN 4540890050
NCID BN04054914
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
90013171
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本

掲載作品

著作名 著作者名
聞き書鹿児島の食事 「日本の食生活全集 鹿児島」編集委員会
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想