商標法概説

小野昌延 著

商標法は不正競争防止法とともに、広い意味の競業法を形成している。これからの情報化社会においても、企業努力の結晶である商標の無体財産的重要性は、増すことこそあれ減少することはない。商標法は、標識法の中心である。本書は現行商標法について、体系的に基本的事項を概説するものである。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 序論(序説
  • 商標法の沿革と発展
  • 商標法の概念
  • 商標法の体系的地位)
  • 実体的商標法(商標権の成立
  • 商標権の主体
  • 商標権の効力
  • 商標権の処分(商標権の移転)
  • 商標権の存続期間と消滅)
  • 手続的商標法(総説
  • 商標登録出願
  • 審査
  • 審判
  • 訴訟)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 商標法概説
著作者等 小野 昌延
書名ヨミ ショウヒョウホウ ガイセツ
書名別名 Shohyoho gaisetsu
出版元 有斐閣
刊行年月 1989.11
ページ数 323p
大きさ 22cm
ISBN 4641036748
NCID BN04054550
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
90014508
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想