ギュスターヴ・エッフェル

アンリ・ロワレット 著 ; 飯田喜四郎, 丹羽和彦 訳

世紀末の大建築家G.エッフェルの生涯と業績を伝えると共に19世紀末の社会的文化的状況を彼の事業活動を通して鮮明に浮かび上がらせる。今日の日本における都市計画、再開発、都市の美観等都市に関わる問題を考える上で貴重なヒントを提供してくれる。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 序 大人物と大記念物と
  • 第1章 ディジョンからルヴァロワへ
  • 第2章 橋の建造家
  • 第3章 300メートル塔
  • 第4章 いかなる芸術の名残もなく
  • 第5章 最後の仕事

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 ギュスターヴ・エッフェル
著作者等 Loyrette, Henri
丹羽 和彦
飯田 喜四郎
ロワレット アンリ
書名ヨミ ギュスターヴ エッフェル
書名別名 Eiffel

パリに大記念塔を建てた男

Gyusutavu etsuferu
出版元 西村書店
刊行年月 1989.10
ページ数 273, 8p
大きさ 22cm
ISBN 4890131256
NCID BN04051053
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
90049361
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 フランス語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想