札幌農学校

札幌農學校學藝會 編纂

札幌農学校生徒は明治24年、新渡戸稲造教授を迎えて学芸会を組織し、雑誌を刊行、論文や詩藻に名文家を輩出した。そのエネルギーを結集して出版されたのが本書である。漢文調のロマンに満ちた名文で農学校の全容を紹介、忽ち全国の青年を虜にし、札幌農学校を一躍天下に知らしめるに至った。明治31年発行『札幌農学校』の覆刻版。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 札幌と学問(札幌の気候と学問
  • 札幌の風物と学問 ほか)
  • 第2章 札幌農学校の過去(明治維新と北海道の開拓
  • 札幌農学校の萠蘗時代 ほか)
  • 第3章 札幌農学校の現今(校則学課及び職員
  • 校堂。植物標品室。解剖室。図書館。博物館。植物園。農場。寄宿舎 ほか)
  • 第4章 札幌帝国大学設立の必要を論す

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 札幌農学校
著作者等 札幌農学校学芸会
高倉 新一郎
書名ヨミ サッポロ ノウガッコウ
出版元 北海道大学図書刊行会
刊行年月 2005.6
版表示 覆刻, 新装版.
ページ数 6, 115, 22p 図版12枚
大きさ 23cm
ISBN 483295072X
NCID BA73223112
BN04046687
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21009603
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想