開発計画とインド : 理論と現実

S.チャクラヴァルティー 著 ; 黒沢一晃, 脇村孝平 訳

インドでは今日「経済自由化」をめぐり論争が行われている。諸開発計画の歴史を考察し、民主政治下における地域間格差の是正と貧困の軽減を含む発展戦略を探る。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 インドにおける経済計画-その基本的性格と分析
  • 第2章 インドの開発戦略の基礎-ネルー=マハラノビス型アプローチ
  • 第3章 開発戦略の変遷
  • 第4章 計画遂行上の諸問題
  • 第5章 経済政策の今日的諸問題
  • 第6章 結論
  • 訳者補説 スコモイ・チャクラヴァルティーとインド経済分析(脇村孝平)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 開発計画とインド : 理論と現実
著作者等 Chakravarty, Sukhamoy
脇村 孝平
黒沢 一晃
チャクラヴァルティー スコモイ
書名ヨミ カイハツ ケイカク ト インド
書名別名 Development planning

Kaihatsu keikaku to indo
出版元 世界思想社
刊行年月 1989.11
ページ数 215p
大きさ 19cm
ISBN 4790703649
NCID BN04042008
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
90018889
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 英語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想