<近代の超克>論 : 昭和思想史への一視角

広松渉 著

座談会「近代の超克」は、昭和17年、各界知識人による"協力会議"を標榜して開かれた。"伝説的に有名"なこの会議は、不毛な体制讃美に終わったのか、それとも日本思想の極北たり得たか?著者は、西欧哲学の超克を志向した西田哲学本来の構えに立ち返り、高山・三木ら京都学派の「世界史の哲学」の役割と限界を剔括する。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 『文学界』誌上座談会にふれて
  • 第2章 高坂正顕氏の所論を読み返す
  • 第3章 『世界史の哲学』と大戦の合理化
  • 第4章 戦時下「日本思想」批判の一里程
  • 第5章 国家総動員体制と歴史の狡智
  • 第6章 三木清の「時務の論理」と隘路
  • 第7章 民族主義的「自己偽瞞」の絶唱
  • 第8章 絶望の余焔と浪曼主義的自照
  • 第9章 京都学派と世界史的統一理念
  • 第10章 哲理と現実態との媒介の蹉跌

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 <近代の超克>論 : 昭和思想史への一視角
著作者等 広松 渉
廣松 渉
書名ヨミ キンダイ ノ チョウコク ロン
シリーズ名 講談社学術文庫
出版元 講談社
刊行年月 1989.11
ページ数 276p
大きさ 15cm
ISBN 4061589008
NCID BN04035636
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
90009274
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想