道徳論集

セネカ [著] ; 茂手木元蔵 訳

本書はセネカの代表的な著作「道徳論集」の本邦初めての全訳である。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • マルキアあて、心の慰めについて
  • ポリビウスあて、心の慰めについて
  • 母ヘルヴィアあて、心の慰めについて
  • 怒りについて
  • 人生の短さについて
  • 賢者の不動心について
  • 心の平静について
  • 余暇について-セレヌスに
  • かぼちゃになった王様
  • 寛容について
  • 幸福な人生について
  • 恩恵について
  • 神慮について

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 道徳論集
著作者等 Seneca, Lucius Annaeus
茂手木 元蔵
セネカ
書名ヨミ ドウトク ロンシュウ
書名別名 Moral essays
出版元 東海大学出版会
刊行年月 1989.11
ページ数 916p
大きさ 22cm
ISBN 4486010809
NCID BN04023466
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
90016479
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 ラテン語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想