漂泊俳人の系譜

大星光史 著

脱俗の鏡涯。業平・西行・宗祇・芭蕉・蕪村・一茶・放哉・山頭火。古典から現代に至る8名の漂泊詩人。やむにやまれず、旅、放浪に生きねばならなかった必然性と詩魂。その底には、清冽な生きざまと孤高の思想が流れる。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 無用の生-在原業平
  • 「月」のうたびと-西行
  • 乱世の旅人-宗祇
  • 漂泊の人-芭蕉
  • 異郷の高踏詩人-与謝蕪村
  • まゝ子人生-一茶
  • 海浜の隠遁者-尾崎放哉
  • 行乞の詩人-種田山頭火

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 漂泊俳人の系譜
著作者等 大星 光史
書名ヨミ ヒョウハク ハイジン ノ ケイフ
シリーズ名 Sekaishiso seminar
出版元 世界思想社
刊行年月 1989.11
ページ数 248p
大きさ 19cm
ISBN 4790703622
NCID BN04021507
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
90017088
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想