イギリス経済 : サッチャー革命の軌跡

内田勝敏 編

サッチャー革命はイギリス産業の国際競争力回復を可能にするのか?1980年代のサッチャー政権による諸政策を分析し、イギリス経済の転換過程を明らかにする。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 総論(総説
  • 1980年代のイギリス経済-生産性<ミラクル>をめぐって)
  • イギリスの産業(産業構造・産業政策-産業構造の変貌と先端産業の育成
  • 民営化政策-民営化と経済の効率性
  • 国有産業の解体-英国鉄鋼公社と英国石炭公社の場合)
  • イギリスの対外関係(海外投資-海外投資増大の意義をめぐって
  • 国際収支・貿易構造-上院委員会報告と政府の回答を中心として)
  • イギリスの国内経済(金融政策-マネー・サプライ・コントロール政策の展開
  • 財政戦略と地方財政-地方行財政改革の展開と課題
  • 農業政策-農業政策の転換をめぐって)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 イギリス経済 : サッチャー革命の軌跡
著作者等 内田 勝敏
書名ヨミ イギリス ケイザイ
書名別名 Igirisu keizai
出版元 世界思想社
刊行年月 1989.11
ページ数 276p
大きさ 19cm
ISBN 4790703630
NCID BN04021143
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
90018890
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想