放射線の人体への影響 : 低レベル放射線の危険性をめぐる論争

ロビン・ラッセル・ジョーンズ, リチャード・サウスウッド 編 ; 市川定夫 ほか訳

1986年11月24日と25日の両日、ロンドンにおいて、英国「地球の友」「グリーンピース・インターナショナル」が後援者となり、わが国では例をみない「電離放射線の生物効果」に関する国際会議が開催された。原子力による放射線被曝を規規制する立場にある推進側と、原子力に反対する立場にある側とが一堂に会し、一般参加者にも討論への参加を保証するという「開かれた」会議であった。本書はこの会議の全容を伝える貴重な記録であり、近年激しい論争が続いている低レベル放射線の影響について、各界の学者らが主張する知見と、それをめぐる白熱の討論によって構成されている。広島および長崎の原爆被曝者に関する追跡調査と再解釈、ウインズケール周辺で多発する小児白血病、チェルノブイリ事故の影響など、いずれも看過できないテーマばかりといえよう。われわれの生命が今どのような状況にさらされているのかを、客観的、科学的に考えるための問題提起の1冊。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 環境問題(環境放射能からの線量
  • モニタリング結果の解釈 ほか)
  • ガンのリスク(職業被曝および線量限度低減への訴え
  • 国際放射線防護委員会 ほか)
  • 疫学データ(電離放射線に対する感受性の個人差
  • 細胞遺伝学的損傷
  • 英国における小児ガンと自然放射線との関係 ほか)
  • チェルノブイリ(西欧におけるチェルノブイリ事故後の線量分布
  • チェルノブイリ事故の影響)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 放射線の人体への影響 : 低レベル放射線の危険性をめぐる論争
著作者等 Jones, Robin Russell
Russell Jones, Robin
Southwood, Richard
Southwood, Richard, Sir
市川 定夫
サウスウッド リチャード
ジョーンズ ロビン・ラッセル
斎藤 正夫
鈴木 真奈美
書名ヨミ ホウシャセン ノ ジンタイ エノ エイキョウ
書名別名 Radiation and health
出版元 中央洋書出版部
刊行年月 1989.11
ページ数 353, 34p
大きさ 21cm
ISBN 4924679720
NCID BN04020617
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
90007267
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 英語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想