日本映画の現場へ

山根貞男 著

誕生する、その瞬間を見届けること。精力的に撮影現場をたずね、日本映画の現在を探り続けてきた著者が、ずばぬけた面白さに満ちあふれる現場ルポを、ここに集成。シネアストたちの魅力的な横顔、熱い肉声が、読者を一気に<映画>の核心へとひき込む。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 中島貞夫の現場へ-『制覇』 やくざ映画の復活か、映画の夢の蘇生か
  • 三村晴彦の現場へ-『天城越え』 大型新人の映画的情熱の行方
  • 小沼勝の現場へ-『縄と乳房』 官能的な映画の肉体が誕生するとき
  • 田中登の現場へ-『丑三つの村』 ヤバイ魅力の映画が挑発する
  • 横山博人の現場へ-『卍』 関係の渦が関係のドラマを生む
  • 森田芳光の現場へ-『家族ゲーム』 新しいタイプの映画職人が行く
  • 神代辰巳の現場へ-『もどり川』 無頼の歌人に熱い映画魂を託して
  • 工藤栄一の現場へ-『逃がれの街』 青春の日常からハードボイルド活劇へ
  • 伊藤俊也の現場へ-『白蛇抄』 エロチシズム映画と映画的エロスと
  • 森崎東の現場へ-『生きているうちが花なのよ死んだらそれまでよ党宣言』 映画的エネルギーが爆発する狂騒曲
  • 石井聡亙の現場へ-『逆噴射家族』 破天荒な"家族アクション映画"の出現
  • 崔洋一の現場へ-『友よ、静かに瞑れ』 映画精神としてのハードボイルド
  • 井筒和幸の現場へ-『二代目はクリスチャン』 "虚構の虚構"のエロスが弾む
  • 鈴木則文の現場へ-『大奥十八景』 "摩訶絶品"の娯楽映画を求めて
  • 沢井信一郎の現場へ-『めぞん一刻』 監督と女優の闘い、そして遊び心
  • 相米慎二の現場へ-『光る女』 転変を生きることのダイナミズム
  • 山下耕作の現場へ-『竜馬を斬った男』 悲しく魅力的な1匹の鬼が出現する
  • 深作欣二の現場へ-『華の乱』 面白さへむけて闘う祭り
  • 宙吊りの楽しさに魅せられて-『日本映画の現場へ』の現場<対談>蓮実重彦・山根貞男

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 日本映画の現場へ
著作者等 山根 貞男
書名ヨミ ニホン エイガ ノ ゲンバ エ
書名別名 Nihon eiga no genba e
シリーズ名 リュミエール叢書 3
出版元 筑摩書房
刊行年月 1989.7
ページ数 385p
大きさ 19cm
ISBN 4480871624
NCID BN04019094
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
89056159
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想