無機合成化学

中村晃, 斎藤太郎 共著

極めて広範囲に汎る無機化合物の合成を述べるのは、不可能と思われるので、本書では一応金属化合物にしぼって解説した。これでも厖大な数のものが対象となるが、固体化合物(主として基本的な二元化合物)と分子性化合物に大別し、「塩」から「錯体」に至る範囲で無機合成の現状をまとめた。広い範囲の合成技術を記述するため、代表例を堅実に記述してある。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 序論(化学における無機合成
  • 無機合成における技術革新
  • 方法論的アプローチ)
  • 固体化合物の合成(金属ハロゲン化物の合成
  • 金属酸化物の合成
  • 金属カルコゲン化物
  • その他の金属化合物の合成)
  • 分子性化合物の合成(分子性単核錯体
  • 単核型キレート錯塩
  • 複核錯体
  • 金属クラスター錯体
  • 小分子配位錯体
  • 生体関連金属錯体と大環状錯体
  • ヘテロポリ酸)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 無機合成化学
著作者等 中村 晃
斎藤 太郎
書名ヨミ ムキ ゴウセイ カガク
書名別名 Muki gosei kagaku
シリーズ名 化学選書
出版元 裳華房
刊行年月 1989.10
ページ数 196p
大きさ 22cm
ISBN 4785333081
NCID BN04015763
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
90009550
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想