ルネサンス絵画の社会史

マイケル・バクサンドール 著 ; 篠塚二三男 ほか訳

社会は独特な技術や習慣を発展させるが、それらには視覚的な要素がある。…同様に絵画様式は、視覚上の技術や習慣に近づく手がかりを与え、さらにそれらを通して、その社会特有の経験にまで近づく手がかりをも与えてくれるのである。古い絵画は視覚活動の記録である。われわれはその記録を読むことを学ばなければならない。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 絵画の取引のしくみ(序論
  • 契約および注文主による干渉
  • 美術と材料〔画材〕
  • 技術〔画家の技倆〕の価値
  • 技術の認知)
  • クアトロチェントの眼(知覚の相対性
  • 絵画と知識
  • 認識方法
  • 画像の機能
  • 物語画
  • 身体とその言語
  • 人物像のパターン
  • 色彩の価値
  • ヴォリューム
  • 比例
  • 道徳的な眼)
  • 絵画とカテゴリー(言語と絵画
  • ジョヴァンニ・サンティと25人の画家
  • クリストフォロ・ランディーノ
  • カテゴリー
  • 結論)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 ルネサンス絵画の社会史
著作者等 Baxandall, Michael
池上 公平
石原 宏
篠塚 二三男
豊泉 尚美
バクサンドール マイケル
書名ヨミ ルネサンス カイガ ノ シャカイシ
書名別名 Painting and experience in fifteenth century Italy
シリーズ名 ヴァールブルク・コレクション
出版元 平凡社
刊行年月 1989.10
ページ数 305p
大きさ 20cm
ISBN 4582238157
NCID BN04014217
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
90008602
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 英語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想