現代マネタリズムの二つの潮流 : フリードマンとブルンナー=メルツァー

金子邦彦 著

[目次]

  • 第1部 マネタリストと貨幣理論(貨幣理論の現状
  • フリードマンの"新貨幣数量説"
  • ブルンナー=メルツァーの貨幣理論)
  • 第2部 マネタリスト・モデル(フリードマンの2つのモデル
  • ブルンナー=メルツァーの「富調整モデル」
  • 補論-トービンの"ニュー・モデル")
  • 第3部 動学的調整過程(フリードマンの短期調整過程
  • ブルンナー=メルツァーの調整過程分析)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 現代マネタリズムの二つの潮流 : フリードマンとブルンナー=メルツァー
著作者等 金子 邦彦
書名ヨミ ゲンダイ マネタリズム ノ フタツ ノ チョウリュウ
書名別名 Gendai manetarizumu no futatsu no choryu
シリーズ名 明治大学社会科学研究所叢書
出版元 東洋経済新報社
刊行年月 1989.11
ページ数 209p
大きさ 22cm
ISBN 449231184X
NCID BN04011081
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
90009459
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想