耐震構造への道

梅村魁 著

[目次]

  • 耐震構造の話を始めるにあたって
  • 人間と技術
  • 日本の科学技術の始まり
  • 構造力学とその役割
  • 耐震設計の始まり
  • 構造設計の周辺
  • 構造設計の発達と終局強度論の登場
  • 爆圧による建物の振動と破壊
  • 耐爆設計から耐震設計へ
  • 原子炉の耐震事始め
  • 超高層の話
  • 中低層建物の耐震設計
  • 実物破壊実験・地震予知とその対策
  • 地震による地盤・建物の揺れの原則と震害予測

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 耐震構造への道
著作者等 梅村 魁
書名ヨミ タイシン コウゾウ エノ ミチ
書名別名 Taishin kozo eno michi
出版元 技報堂
刊行年月 1989.10
ページ数 213p
大きさ 19cm
ISBN 4765523977
NCID BN03997832
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
90006200
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想