経済学講義

大河内一男 著

[目次]

  • 目次
  • 新版はしがき
  • はしがき
  • 第一章 経済生活とは何か / p3
  • 一 経済生活の解剖学 / p3
  • 二 家計の前と後と / p5
  • 三 黄金と経済 / p10
  • 四 経済生活のなかの「消費」 / p13
  • 五 商品経済のはじまり / p22
  • 六 賃銀労働の形成 / p28
  • 第二章 経済生活の歴史-資本主義への歩み / p34
  • 一 原始共産制 / p34
  • 二 奴隷制社会 / p38
  • 三 封建制社会 / p42
  • 四 マニュファクチューアと分業 / p46
  • 五 産業革命と自然的秩序 / p52
  • 六 自由競争から独占資本主義へ / p58
  • 七 経済生活の歴史性 / p62
  • 第三章 資本の循環と企業 / p67
  • 一 営利経済というもの / p67
  • 二 企業家というもの / p71
  • 三 いわゆる「搾取」について / p74
  • 四 生産をめぐる資本と労働 / p82
  • 五 貨幣資本の回収 / p88
  • 六 収益の分配 / p94
  • 七 企業は循環する / p100
  • 第四章 生産の問題 / p105
  • 一 「生産」の種々なる意味 / p105
  • 二 生産の三要素-<一>土地 / p114
  • 三 生産の三要素-<二>労働 / p116
  • 四 生産の三要素-<三>資本 / p120
  • 五 生産行程の秘密 / p124
  • 六 産業構造の推移 / p128
  • 第五章 商品流通と価格 / p134
  • 一 商品生産社会に対する態度 / p134
  • 二 価格の登場 / p138
  • 三 需要の弾力性 / p141
  • 四 市場価格と自然価格 / p148
  • 五 自然価格の実体は何か / p152
  • 六 商品流通の意味 / p157
  • 第六章 貨幣と信用 / p167
  • 一 流通用具としての貨幣 / p167
  • 二 流通用具の条件 / p170
  • 三 貨幣の各種の機能 / p175
  • 四 貨幣の資本化 / p181
  • 五 生産的金融について / p184
  • 六 消費的金融について / p188
  • 第七章 所得と分配 / p192
  • 一 分配問題の意味 / p192
  • 二 所得の分配と対立 / p196
  • 三 利潤と利子 / p201
  • 四 所得としての賃銀 / p205
  • 五 地代と派生的所得 / p209
  • 六 分配と「社会問題」 / p214
  • 第八章 消費と生活水準 / p220
  • 一 消費は何のため / p220
  • 二 個人的消費ということ / p223
  • 三 生活必需品と奢侈品 / p227
  • 四 「家計」の問題 / p230
  • 五 消費生活の変貌 / p233
  • 第九章 経済の循環と景気変動 / p237
  • 一 自由競争から独占へ / p237
  • 二 総体としての経済の循環 / p243
  • 三 ケネーの『経済表』 / p249
  • 四 拡大再生産の問題 / p254
  • 五 恐慌の原因 / p258
  • 六 資本主義の変調と矛盾 / p265
  • 第十章 貿易と世界経済 / p271
  • 一 重商主義から自由主義へ / p271
  • 二 スミスとリスト / p274
  • 三 自由放任の終焉か / p278
  • 四 「こちら側の社会主義」というもの / p284
  • 五 国際貿易の問題点 / p286
  • 第十一章 経済学の系譜 / p293
  • 一 古典経済学の成立 / p293
  • 二 「生産」から「分配」へ / p295
  • 三 J・S・ミルと「社会問題」 / p299
  • 四 一八四八年以後 / p302
  • 五 「ポリティカル・エコノミー」から「エコノミックス」へ / p305
  • 索引

「国立国会図書館デジタルコレクション」より

この本の情報

書名 経済学講義
著作者等 大河内 一男
書名ヨミ ケイザイガク コウギ
書名別名 Keizaigaku kogi
シリーズ名 青林講義シリーズ
出版元 青林書院新社
刊行年月 1968
ページ数 307p
大きさ 22cm
NCID BN03994244
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
68001937
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想