水辺都市 : 江戸東京のウォーターフロント探検

陣内秀信, 法政大学・東京のまち研究会 著

都市の水辺は、どのような魅力で人びとをひきつけてきたか。江戸から東京へ。海側から見た新しい視点の都市論。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 水際空間の形成と変容の歴史(戦前の水際空間
  • 戦後の水際空間)
  • 第2章 水と人のかかわり(遊水都市-様々な水辺空間
  • 近代化する遊水空間)
  • 第3章 月島-体験的路地空間
  • 第4章 ウォーターフロントの風景を読む(水辺の景観構造の変化
  • 現代の東京湾の風景断章)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 水辺都市 : 江戸東京のウォーターフロント探検
著作者等 法政大学東京のまち研究会
陣内 秀信
書名ヨミ ミズベ トシ
シリーズ名 朝日選書 390
出版元 朝日新聞社
刊行年月 1989.11
ページ数 240p
大きさ 19cm
ISBN 402259490X
NCID BN0399047X
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
90008485
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想