図説・死刑物語

K.B.レーダー 著 ; 西村克彦, 保倉和彦 訳

死刑の起源を人間存在の深層からとらえ、イエスの架刑、ジャンヌ・ダルクの火刑、メアリー・スチュアートの斬首刑など、古代からの処刑および刑種の変遷を豊富な図版とエピソードを交えながら描き、死刑の存在を糾問する名著の全訳・決定版。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 死刑の誕生(その温床
  • 血の復讐
  • 人身御供
  • 死刑に値しい最古の罪)
  • 第2章 古代の刑種(追放、石打ち、断崖からの突き落とし
  • 十字架と架刑
  • 絞首刑
  • 斬首刑
  • 車刑、四つ裂き、切り刻み
  • 溺殺と生き埋め
  • 火刑
  • 魔女妄想)
  • 第3章 近代的な処刑方法(ギロチン
  • 近代的な絞首台
  • 電気椅子、ガス室、銃殺)
  • 第4章 死刑の周辺(執行吏について
  • 死刑をめぐる賛否両論)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 図説・死刑物語
著作者等 Leder, Karl Bruno
保倉 和彦
西村 克彦
レーダー カール・ブルノー
書名ヨミ ズセツ シケイ モノガタリ
書名別名 Todesstrafe

起源と歴史と犠牲者

Zusetsu shikei monogatari
出版元 原書房
刊行年月 1989.12
ページ数 356p
大きさ 21cm
ISBN 4562020768
NCID BN03989969
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
90019976
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 ドイツ語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想