自由と国家 : いま「憲法」のもつ意味

樋口陽一 著

イギリスの「権利章典」から300年、フランス人権宣言から200年、そして明治憲法の発布から100年。その1989年に「昭和」が終わり、保守支配も揺らいだ。加えて中国の流血事件、ソ連・東欧の自由化への模索…。1990年代の政治を見通す座標軸を求めて個人・集団と国家との歴史的な相剋に光をあて、「近代立憲主義」の意味を問う。

「BOOKデータベース」より

イギリスの「権利章典」から三〇〇年、フランス人権宣言から二〇〇年、そして明治憲法の発布から一〇〇年。その一九八九年に「昭和」が終わり、保守支配も揺らいだ。加えて中国の流血事件、ソ連・東欧の自由化への模索…。一九九〇年代の政治を見通す座標軸を求めて個人・集団と国家との歴史的な相剋に光をあて、「近代立憲主義」の意味を問う。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 いま何が問題か-1989・憲法論的考察
  • 2 明治憲法体制「そんなに悪くなかった」のか-<1989>の意味
  • 3 個人と国家 どうむきあうか-<1789>対<1689>の意味
  • 4 日本の憲法体験から何を発信するか-<1689-1789>モデルの押しつけ?

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 いま何が問題か-1989・憲法論的考察(1989年7月=パリ
  • 革命二百年and/or人権宣言二百年? ほか)
  • 2 明治憲法体制‐「そんなに悪くなかった」のか-"1889"の意味(富国強兵=物質文明と憲法=精神文明
  • 「建国ノ体」と「海外各国ノ成法」-綱引きのはじまり ほか)
  • 3 個人と国家‐どうむきあうか-"1789"対"1689"の意味(マルクスから見たフランス
  • C.シュミットから見たフランス ほか)
  • 4 日本の憲法体験から何を発信するか-"1689‐1789"モデルの押しつけ?(「ユーロペシミズム」の強味
  • 「人権があったから」か「人権にもかかわらず」なのか ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 自由と国家 : いま「憲法」のもつ意味
著作者等 樋口 陽一
書名ヨミ ジユウ ト コッカ
シリーズ名 岩波新書
出版元 岩波書店
刊行年月 1989.11
ページ数 216p
大きさ 18cm
ISBN 4004300932
NCID BN03989007
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
90015370
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想