古文書の語る日本史  7

所理喜夫 [ほか]編

松平定信の老中就任時に暗躍した大奥老女の政治力、荒廃する農村にはびこる無宿・悪党らの取締り、幕末の狂騒ええじゃないか発生の事情は?等々、幕府解体に至る時代の実相を鮮やかに捉える。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 総説 古文書の語る民衆躍動の時代
  • 第1章 享保の時代
  • 第2章 田沼の時代
  • 第3章 天明の浅間山噴火と飢饉・打ちこわし
  • 第4章 寛政の時代
  • 第5章 大江戸の文化と地方
  • 第6章 文政の時代
  • 第7章 都市と農村の生活
  • 第8章 在郷文化の形成
  • 第9章 天保の時代
  • 第10章 対外問題と市場の混乱
  • 第11章 「ええじゃないか」と大政奉還

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 古文書の語る日本史
著作者等 君塚 仁彦
奥村 哲
宮本 瑞夫
所 理喜夫
斎藤 洋一
松尾 美惠子
林 英夫
森 安彦
田村 貞雄
菊池 勇夫
藤本 篤
西川 武臣
鈴木 靖
長野 ひろ子
頼 惟勤
書名ヨミ コモンジョ ノ カタル ニホンシ
書名別名 江戸後期
巻冊次 7
出版元 筑摩書房
刊行年月 1989.10
ページ数 449, 13p
大きさ 20cm
ISBN 4480354379
NCID BN03983758
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
90008118
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本

掲載作品

著作名 著作者名
江戸後期 林 英夫
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想