ふるさとの伝説  3

宮田 登【編】

この巻には、この世に怨念を残して死んだ者の霊が、その恨みをはらすために、いろいろな表現を試みて、この世の生者にメッセージを伝えてるいるありさまについての口碑あるいは記録にとどめたものを収録している。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 伝説へのいざない(青森・富山 恐山・立山地獄
  • 茨城 累(かさね)
  • 東京 四谷怪談
  • 東京 将門の首
  • 静岡 小夜の中山夜泣き石
  • 幽霊絵の世界
  • 兵庫その他 皿屋敷・お菊伝説
  • 滋賀 三井寺の頼豪阿闍梨
  • 愛媛 大森彦七と正成の亡霊
  • 山口 耳なし芳一
  • 福岡 菅原道真の怨霊)
  • ふるさとの伝説(柏巌禅師の怨霊
  • 梅女哀話
  • 常紋トンネルの幽霊話
  • 恐山へ行く霊
  • 青森師範学校の怪談
  • 善太山 ほか)
  • 伝説と異界
  • 七不思議
  • 伝説と学校
  • 都市と伝説
  • 伝説の伝播者

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 ふるさとの伝説
著作者等 伊藤 清司
宮田 登
書名ヨミ フルサト ノ デンセツ
書名別名 幽霊・怨霊
巻冊次 3
出版元 ぎょうせい
刊行年月 1989.10
ページ数 159p
大きさ 27cm
ISBN 4324017387
NCID BN03980421
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
90001607
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本

掲載作品

著作名 著作者名
幽霊・怨霊 宮田 登
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想