人づくり風土記 : 全国の伝承・江戸時代  9 (ふるさとの人と知恵・栃木)

加藤秀俊 ほか編纂

美しい天然林と温泉・瀑布・渓谷・高原。絢爛たる東照宮。自然と人智、信仰と政治、権力と庶民生活は時にコントラストを成し、時に融合する。重要な街道は商業都市を、豊かな鉱脈や木材が産業を育てた。風土に伝わる知恵を訪ね歩き編んだ栃木圏の人づくり読本。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 前章 近世の栃木 その地域振興の足どり(関東の総鎮守、日光東照宮の役割
  • 綿の真岡、絹の足利にみる近代工業の芽生え ほか)
  • 第1章 自治と助け合いの中で(五千石用水
  • 那須野ヶ原の開拓
  • 会津西街道の確保
  • 籾摺り騒動と鈴木源之丞 ほか)
  • 第2章 生業の振興と継承の中で(大谷の石山
  • 烏山和紙
  • 下野のかんぴょう
  • 益子焼 ほか)
  • 第3章 地域社会の教育システムの中で(足利学校
  • 須藤杜川・温父子
  • 諸葛琴台
  • 鈴木石橋 ほか)
  • 第4章 子育てと家庭経営の知恵(羽黒山神社の梵天祭りとくされ鮨
  • 常盤潭北の家庭教育論
  • 田村吉茂と農業訓
  • 小貫万右衛門
  • 生子神社の泣き相撲 ほか)
  • 第5章 地域おこしに尽くした先駆者(大金重貞
  • 鈴木武助
  • 山口鉄五郎
  • 大関増業
  • 石井包孝
  • 河野守弘
  • 菊池教中)
  • 資料編 栃木(栃木の江戸時代年表
  • 江戸時代栃木の物産地図
  • 江戸時代栃木の主な文献資料)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 人づくり風土記 : 全国の伝承・江戸時代
著作者等 佐々木 俊介
加藤 秀俊
吉田 豊
石川 松太郎
稲垣 史生
谷川 健一
書名ヨミ ヒトズクリ フドキ
書名別名 ふるさとの人と知恵・栃木
シリーズ名 聞き書きによる知恵シリーズ
巻冊次 9 (ふるさとの人と知恵・栃木)
出版元 農山漁村文化協会
刊行年月 1989.11
ページ数 372p
大きさ 27cm
ISBN 4540890107
NCID BN03976355
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
90011885
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想