現代日本文学大系  40 (魚住折蘆,安倍能成,阿部次郎,和辻哲郎,生田長江,倉田百三,長谷川如是閑,辻潤集)

魚住折蘆 [ほか] 著

この本の情報

書名 現代日本文学大系
著作者等 倉田 百三
和辻 哲郎
安倍 能成
生田 長江
辻 潤
長谷川 如是閑
阿部 次郎
魚住 折蘆
書名ヨミ ゲンダイ ニホン ブンガク タイケイ
書名別名 魚住折蘆,安倍能成,阿部次郎,和辻哲郎,生田長江,倉田百三,長谷川如是閑,辻潤集
巻冊次 40 (魚住折蘆,安倍能成,阿部次郎,和辻哲郎,生田長江,倉田百三,長谷川如是閑,辻潤集)
出版元 筑摩書房
刊行年月 1973
ページ数 507p 肖像
大きさ 23cm
ISBN 978-4-480-10040-5
NCID BN03968040
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
75004760
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本

掲載作品

著作名 著作者名
「近代」派と「超近代」派との戦い 生田 長江
『近代文芸の研究』を読む 安倍 能成
ある自由主義ジャーナリスト・長谷川如是閑 山領健二
ですぺら 辻 潤
ふたすじ道 長谷川 如是閑
ルツェルンの春 阿部 次郎
三太郎の日記(抄) 阿部 次郎
不徹底なる徹底 安倍 能成
二条離宮の障壁画 和辻 哲郎
人生に触れざる感 安倍 能成
人生の熱愛者 安倍 能成
人類の教師 和辻 哲郎
付録: 魚住折蘆の生涯と思想 坂上博一
倉田百三 龜井勝一郎
先師を憶う 佐藤春夫
再び自ら知らざる自然主義者 阿部 次郎
和辻哲郎の人と思想 唐木順三
夏目先生の追憶 和辻 哲郎
夏目漱石氏を論ず 生田 長江
安倍さんの思い出 田中耕太郎
巨椋池の蓮 和辻 哲郎
愛と認識との出発(抄) 倉田 百三
文化的デモクラシーの国 長谷川 如是閑
文楽座の人形芝居 和辻 哲郎
日本のヒューマニズム 長谷川 如是閑
日本国民の誇り 安倍 能成
日本文化の世界性 長谷川 如是閑
日本文明の総合性 長谷川 如是閑
日本的性格(抄) 長谷川 如是閑
歌はぬ人 倉田 百三
歓楽を追はざる心 魚住 折蘆
現代の殉教者 安倍 能成
現実の進転 安倍 能成
真を求めたる結果 魚住 折蘆
知識人の反省 安倍 能成
私の信条 和辻 哲郎
私の根本の考 和辻 哲郎
穏健なる自由思想家 魚住 折蘆
空疎なる主観 安倍 能成
自ら知らざる自然主義者 阿部 次郎
自己と人生との分裂 安倍 能成
自己の問題として見たる自然主義思想 安倍 能成
自己主張の思想としての自然主義 魚住 折蘆
自然主義に於ける主観の位置 安倍 能成
自然主義に於ける浪漫的傾向 安倍 能成
自然主義は窮せしや 魚住 折蘆
自然主義前派の跳梁 生田 長江
自然主義論 生田 長江
象やの粂さん 長谷川 如是閑
軽易なる懺悔 安倍 能成
辻潤の人間像 松尾邦之助
阿部次郎氏の人格主義を難ず 竹内仁
青年の自殺に就いて 安倍 能成
面とペルソナ 和辻 哲郎
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想