兵は凶器なり : 戦争と新聞1926-1935

前坂俊之 著

本書はの内容は十五年戦争のエポックとなった各事件を新聞はどう報道したか-をできるだけ客観的に当時の資料や証言をもとに再現したものである。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • なぜ戦争を阻止できなかったか
  • 自らを罪するの弁
  • 言論弾圧法の実態
  • 金解禁を支持した社説
  • 吹き荒れる言論への暴力
  • スパイ政治との対決
  • 満州事変前夜
  • 満州事変勃発
  • 満州事変への批判的言論
  • 暴弾三勇士の真実
  • 国際連盟脱退
  • 5・15事件
  • 菊竹六鼓のたたかい
  • 桐生悠々と『他山の石』の抵抗
  • 京大・滝川事件
  • ゴー・ストップ事件
  • 言論弾圧と自己規制
  • 命がけの報道
  • 「近畿防空演習」社説訂正事件
  • 陸軍パンフレット事件
  • 美濃部達吉と天皇機関説

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 兵は凶器なり : 戦争と新聞1926-1935
著作者等 前坂 俊之
書名ヨミ ヘイ ワ キョウキ ナリ
出版元 社会思想社
刊行年月 1989.8
ページ数 259p
大きさ 20cm
ISBN 4390603159
NCID BN03962430
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
89057812
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想