教育基本法 : その意義と本質

宗像誠也 編

教育の骨格をなす法体系を究明して、教育基本法の精神を明示する最も重要な解説書・理論書として名高い書。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 憲法と教育基本法
  • 教育基本法はどうしてできたか
  • 教育基本法前文
  • 教育の目的(第1条)
  • 教育の方針(第2条)
  • 教育の機会均等(第3条)
  • 義務教育(第4条)
  • 男女共学(第5条)
  • 学校教育(第6条第1項)
  • 教師の使命と身分(第6条第2項)
  • 社会教育(第7条)
  • 政治教育(第8条)
  • 宗教教育(第9条)
  • 教育行政(第10条)
  • 教育基本法補則
  • 教育基本法研究案内

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 教育基本法 : その意義と本質
著作者等 宗像 誠也
書名ヨミ キョウイク キホンホウ
書名別名 Kyoiku kihonho
シリーズ名 教育基本法
出版元 新評論
刊行年月 1988.5
版表示 〔新装版〕
ページ数 376p
大きさ 19cm
ISBN 479480007X
NCID BN02428707
BN02494869
BN03958546
BN14686856
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
88039723
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想