遠野市史  第3巻

編修: 遠野市史編集委員会

[目次]

  • 『遠野市史』第三巻目次
  • 第四編 近世(遠野南部氏時代)続
  • 第十一章 義茂時代 / 41
  • 一、 義茂の治政 / 41
  • 二、 天保の大凶作と大飢饉 / 49
  • 三、 百姓一揆と火災続発 / 81
  • 四、 南部藩越前堰の開鑿 / 94
  • 第十二章 義普(済賢)時代 / 103
  • 一、 義普就任と田名部山火事 / 103
  • 二、 天保九年の大飢饉 / 105
  • 三、 塩騒動と義普の警備視察 / 109
  • 四、 七福神札発行と金融恐慌 / 113
  • 五、 盛岡茨島の大調練 / 121
  • 六、 半兵衛米騒動と豊年祭り / 127
  • 七、 弘代四年の大百姓一揆 / 134
  • 八、 南部家お家騒動と景況 / 180
  • 九、 藩校信成堂の設置 / 190
  • 十、 遠野市場への課税と反対 / 199
  • 十一、嘉永六年の大百姓一揆 / 201
  • 十二、嘉永七年以後の遠野世情 / 229
  • 十三、藩主、遠野の軍事視察 / 241
  • 第十三章 済賢時代 / 251
  • 一、 明治維新と盛岡藩の政情 / 251
  • 二、 伝聞・秋田戦争 / 296
  • 三、 篠本万次郎の殺人事件 / 350
  • 四、 鍋倉城明け渡しと江剌県庁 / 353
  • 五、 明治三年の百姓一揆 / 357
  • 六、 明治維新時の遠野諸士 / 362
  • 七、 遠野最後の殿様と重臣 / 388
  • 第十四章 荷役銭、一里塚など / 405
  • 一、 遠野六度市荷振り口銭役 / 405
  • 二、 里程標一里塚 / 425
  • 三、 遠野人の思想 / 435
  • 第五編 近代 / 449
  • 第一章 明治時代前期 / 451
  • 一、 明治維新以後 / 451
  • 二、 遠野士族名簿 / 479
  • 三、 町内用水堰と栃洞堰 / 506
  • 四、 明治初期行政の変遷 / 512
  • 五、 市町村制の施行 / 517
  • 六、 戸口の増減と予算 / 525
  • 七、 町村会・県会の創設 / 528
  • 八、 遠野の自由民権運動 / 532
  • 第二章 明治時代中期 / 535
  • 一、 各種職業と諸税金 / 535
  • 二、 明治期前半の産業 / 553
  • 三、 海陸交易の中継地 / 573
  • 四、 南部馬と産馬組合 / 579
  • 五、 本県横断鉄道敷設計画 / 583
  • 六、 遠野南部家の受爵 / 588
  • 七、 頼母子講と遠野銀行 / 592
  • 第三章 明治時代後期 / 597
  • 一、 耕地改良と物見山払い下げ / 597
  • 二、 明治期の遠野教育 / 601
  • 三、 明治期遠野の災害 / 620
  • 四、 八甲田山の遭難 / 626
  • 第四章 大正時代 / 633
  • 一、 岩手軽便鉄道の開通 / 633
  • 二、 遠野水力電気事業開始 / 648
  • 三、 大正初年ころの遠野 / 651
  • 四、 遠野中学校再び火災 / 653
  • 五、 第一次世界大戦と遠野 / 656
  • 六、 遠野町役場疑獄事件 / 661
  • 七、 海老・菊池の衆院選 / 665
  • 八、 遠野に女学校を設立 / 673
  • 九、 笛吹峠道路の開設 / 676
  • 十、 大正末年のことども / 682

「国立国会図書館デジタルコレクション」より

この本の情報

書名 遠野市史
著作者等 森 嘉兵衛
遠野市
遠野市史編修委員会
編修: 遠野市史編集委員会
書名ヨミ トオノ シシ
巻冊次 第3巻
出版元 万葉堂書店
刊行年月 1976
ページ数 685p 図
大きさ 22cm
NCID BN03942885
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
73020778
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想