マルコニ事件 : 民主主義と金銭

吉沢英成 著

時の蔵相ロイド・ジォージは、巨大情報企業マルコニ無線会社から株を譲り受け、自由党の運営資金に充てる…?この<マルコニ・スキャンダル>をめぐる議会特別委員会と与党主脳たち、C.チェスタトンの裁判、大小ジャーナリズムなどの動勢をクールに描く。大衆化時代における議会制民主主義を問う政治経済のナラトロジー。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 「全体として考えて」
  • 第2章 ジョージ卿に神の祝福あらんことを!
  • 第3章 人の噂も…
  • 第4章 夏休みに冷却を
  • 第5章 コラプション?
  • 第6章 筆の力、ザ・プレス
  • 第7章 噂を知らぬは当人ばかり
  • 第8章 「締まりなく的はずれ」の尋問
  • 第9章 イタリックのany
  • 第10章 『ル・マタン』事件
  • 第11章 またもや新事実
  • 第12章 ロイド・ジォージ、薄氷を踏む
  • 第13章 シークレット・ファンド
  • 第14章 李下の冠・慎重の掟
  • 終章 セシル・チェスタトンの死

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 マルコニ事件 : 民主主義と金銭
著作者等 吉沢 英成
書名ヨミ マルコニ ジケン
出版元 筑摩書房
刊行年月 1989.9
ページ数 276p
大きさ 20cm
ISBN 4480855173
NCID BN03919147
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
90002423
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想