ガラス・ホウロウ

沢井郁太郎, 田代仁, 森谷太郎 著

[目次]

  • 目次
  • ガラス編〔森谷太郎〕
  • 1. 緒論
  • 1・1 ガラスの歴史 / p1
  • 1・2 ガラスとは何か? / p2
  • 1・3 ガラスの分類 / p3
  • 2. 主要成分・主要原料
  • 2・1 珪酸(SiO₂) / p5
  • 2・2 アルミナ(Al₂O₃) / p10
  • 2・3 硼酸(B₂O₃) / p10
  • 2・4 燐酸(P₂O₅) / p11
  • 2・5 酸化ソーダ(Na₂O) / p12
  • 2・6 酸化カリ(K₂O) / p13
  • 2・7 酸化リシウム(Li₂O) / p14
  • 2・8 酸化カルシウム(CaO) / p14
  • 2・9 酸化マグネシウム(MgO) / p15
  • 2・10 酸化バリウム(BaO) / p15
  • 2・11 酸化鉛(PbO) / p16
  • 2・12 酸化亜鉛(ZnO) / p17
  • 3. 副成分・副原料
  • 3・1 融剤 / p18
  • 3・2 酸化剤・還元剤 / p18
  • 3・3 清澄剤 / p19
  • 3・4 着色剤・消色剤 / p20
  • 3・5 乳濁剤 / p21
  • 3・6 その他の成分 / p22
  • 4. 調合原料および調合計算
  • 4・1 原料の貯蔵 / p24
  • 4・2 カレット(屑ガラス)の取扱い / p25
  • 4・3 調合計算 / p25
  • 5. 秤量および混合
  • 5・1 秤量 / p33
  • 5・2 混合 / p34
  • 5・3 混合過程に対する理論 / p38
  • 5・4 混合に対するその他の注意 / p40
  • 6. ガラス溶融窯
  • 6・1 増塙窯 / p43
  • 6・2 槽窯 / p44
  • 7. ガラス溶融用柑塙
  • 7・1 溶融用増塙の性質 / p46
  • 7・2 溶融用増塙の破損状況とその在庫量 / p47
  • 8. バッチの投入方法とガラス素地に現われる欠点
  • 8・1 バッチの投入方法 / p66
  • 8・2 ガラス素地に現われる欠点 / p68
  • 9. ガラスの成形および加工法
  • 9・1 ガラスの成形法 / p75
  • 9・2 ガラスの徐冷 / p77
  • 9・3 ガラスの加工法 / p81
  • 10. ガラスの組成とその選定
  • 10・1 ガラスの基準組織 / p86
  • 10・2 実用ガラスの組成式 / p87
  • 11. 特殊ガラス
  • 11・1 紫外線透過ならびに遮断ガラス / p91
  • 11・2 赤外線吸収ガラスならびに透過ガラス / p92
  • 11・3 封入用,接着用燐酸ガラス / p92
  • 11・4 無アルカリガラス / p93
  • 11・5 感光ガラス / p94
  • 11・6 放射線遮断ガラス / p94
  • 11・7 パイロセラム(Pyroceram) / p95
  • ホウロウ編[沢井郁太郎 田代仁]
  • 1. 総論
  • 1・1 ホウロウの種類と一般的性質 / p98
  • 1・2 ホウロウ工業の沿革 / p99
  • 2. 軟鋼板ホウロウ
  • 2・1 製造工程概要 / p103
  • 2・2 軟鋼板 / p103
  • 2・3 素地製造工程 / p105
  • 2・4 施釉準備工程 / p109
  • 2・5 釉薬製造工程 / p114
  • 2・6 釉薬加工工程 / p131
  • 2・7 軟鋼ホウロウの性質試験 / p139
  • 3. 特殊ホウロウ
  • 3・1 耐酸ホウロウ / p142
  • 3・2 鋳鉄ホウロウ / p148

「国立国会図書館デジタルコレクション」より

この本の情報

書名 ガラス・ホウロウ
著作者等 森谷 太郎
沢井 郁太郎
田代 仁
書名ヨミ ガラス ホウロウ
シリーズ名 工業化学全書 ; 第9
出版元 日刊工業新聞社
刊行年月 1959
ページ数 154p
大きさ 19cm
NCID BN03913581
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
59010488
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想